ホットな話題をブログで公開中です!

 武川町山高の実相寺境内にあり、日本三大桜の一つです。エドヒガンザクラで、推定樹齢は1,800年とも2,000年とも言われ、その想像を絶する悠久の時を超えて咲き続けるさまは、神々しく、見る人は思わず手を合わせるとも言われ、全国の桜を愛でる人たちの崇敬を集めてきました。また樹高10.3m、根元・幹周り11.8mもあり、日本で最古・最大級の巨木として、大正時代に国指定天然記念物第1号となりました。また、平成2年には「新日本名木百選」にも選定されています。
 伝説では、神話の武将日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の折に植えたと言われ、名前の由来になっています。また13世紀頃、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」とも言われています。
 桜と同じ頃におよそ8万本のラッパ水仙も咲き、足元の黄色と頭上の薄紅色のコントラストがとてもきれいです。

神代桜年表
1世紀ごろ(?)
ヤマトタケルノミコトが東征の帰り道、当地に立ち寄った際、自ら手植えた。
13世紀ごろ
日蓮上人が衰弱した樹の回復を祈願したところ、不思議にも樹勢を取り戻したという。
1922年
国の天然記念物第1号に認定される。
(この間、雪や風により幹や枝が失われてゆく)
1971年
実相寺と教育委員会を中心に桜を回復させる動きが始まり、支柱、囲柵の設置。客土、参道の改良などが行われる。
1984年
樹木の治療としては珍しく、屋根が設置された。
1993年
樹木医などの専門家による精密検査を受ける。
2000年
地上部、地下部(土壌断面調査)の調査を行う。
2001年
2002年
樹勢回復の長期計画を策定
山高神代ザクラ環境整備工事始まる(~平成17年度)



神代桜等への観光ルートのお願い
北杜市武川町には「山高神代桜」・「眞原の桜並木」と桜の美しい名所があり、毎年このシーズンには多くの方に訪れていただいています。しかし桜の時期は短くその期間に集中するため、桜周辺ではかなりの渋滞がおこります。

所在地
北杜市武川町山高2763
種類
エドヒガンザクラ (アズマヒガンザクラ)
樹齢
約2,000年
高さ
10.3m
根元
幹周り
11.8m
枝張り
東西 17.3m
南北 13.0m
開花
予想日
トップページの開花情報でご確認下さい
昨年の見頃
4月5日頃
例年の見頃
4月7日頃
過去の山高神代桜開花状況
【PDF書類 約96KB】
みどころ
新日本名木百選にも選ばれた国指定天然記念物第1号(大正11年)のエドヒガンザクラです。
ビュー
ポイント
実相寺の境内には神代桜の他に、ソメイヨシノが30本、ラッパ水仙が 15万株開花し、花と南アルプスとの調和が絶妙です。
夜桜見物
不可
アクセス
JR日野春駅からタクシーで約15分
中央自動車道須玉ICから車で約15分
駐車場
【有料】
大型バス  2,000円
中型バス  1,000円
普通車 400~500円
バス約10台
普通車約100台
売店(露店)
あり
ウェブサイト
実相寺
その他
※花見宴会は禁じられています。
※見頃予想日は、天候によって前後する場合がありますので予めご了承ください。
問い合わせ
北杜市観光協会 TEL 0551-47-4747
北杜市観光・商工課   TEL 0551-42-1351


北杜市の桜とグルメマップ(PDF)を用意しました!
ほくとのさくらマップ(全域) ほくとの桜 徒歩マップ ほくとの桜 車編

写真提供:サンニチ印刷 村松正人 北杜市(禁無断転載)
hokuto-tourism association., all rights reserved